080-4918-8944

ブログ

2017/10/06(金)

膝の軟骨がすり減っていても痛みは改善しますか?【膝の痛み】【新宿 整体 恵川】

カテゴリー:新宿 整体, 新宿 膝の痛み

 

こんにちは。

 

東京都新宿区で膝の痛み専門の整体院恵川の院長の石川理恵です。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

さて、今日は当院に来られる膝の痛みを訴えられている方から

よく聞かれる質問をまとめてみました。

 

膝の痛みがある患者様の疑問

・膝の軟骨がすり減っていると言われました。改善しますか?

・O 脚変形がもう10年も続いて固まっている。治りますか?

・姿勢が悪いから痛むんだと思うんですけど・・・。

・機械であっためると楽になります。ここは温めてくれますか?

・筋トレをするしかないと言われて続けていますが、痛みは変わりません。やり方が間違っているのかみてほしい。

 

このあたりの質問はよく受けますね。

 

膝の軟骨がすり減っている

「病院に言ったら軟骨のすり減りのせいで痛みが出ているって言われたんです。」

 

そもそも膝の軟骨とはどこを指すのでしょうか?

つなぎ目の構造

硬い骨同士が直接ぶつからないように、骨と骨が接する部分は、クッションの役割を果たす関節軟骨で覆われています。この軟骨の表面は非常に滑らかなため、腕や足などをスムーズに動かすことができます。

つなぎ目全体は関節包という袋状の組織に包まれています。この関節包の内側には滑膜があり、関節が動くときに潤滑油の役割を果たす滑液を分泌しています。

出典:膝の痛み教室(http://www.hiza.info/hiza-qa1.html)

 

軟骨自体に神経血管は通っていないので、軟骨が原因で痛みが出ているわけではありません。

わかりやすく言い換えると、

膝関節に負担がかかる

関節軟骨がすり減っていく

すり減るぐらいの筋肉の過負荷がかかっている

膝の靭帯や筋肉に負担がかかっている

神経・血管が圧迫され痛みが発生する

 

ことが考えられます。

 

 

また、関節包が原因になると説明されている方もいます。

 

関節包や周囲の軟部組織には、痛みを感じる神経がたくさんあることがわかってきたのです。そして、これらも年齢とともに硬くなってくるのです。そうすると、ちょっとした刺激で痛みを感じやすくなったり、曲げ伸ばしがしづらくなるのです。このように、膝の痛みは、一般的に言われる、関節軟骨のすり減りが原因ではなく、関節包が硬くなることで起こることも多いのです。

出典:そうだったのか(http://hibiotanosimu.com/673.html)

 

O脚が10年続いているから

「変形しているから膝の痛みと一生付き合っていかないといけないんだよ」

「痛みが出る原因は変形していることしか考えられない」

「今まで事故や怪我で膝を痛めたことないんだもの」

とおっしゃられる方が多いです。

 

間違いでもないのですが、

これも言葉を追加するのであれば・・・

【O脚のために膝の周りの筋肉のはりがアンバランスになっているし、

付随して太ももやふくらはぎ、足の筋肉は全部がバランスが崩れ、

緊張した血管や神経を圧迫し、痛みが出ている。】

ということなのですね。

 

姿勢が悪いから

「私って猫背だから・・・」

「首が前に出ちゃってるからバランスを取れなくて膝にきていると思うんですよね」

こういう姿勢が問題と思っている方も多い。

 

そして

「姿勢を直そうと努力してみたのですが、逆に痛くなってきちゃって」

と痛みを悪化させるケースもよくあります。

 

姿勢のせいで痛みが出ているのは正解なのですが、

「姿勢」といってひとくくりにしないで、

どの関節が、どういう筋肉の使い方をされているから、

膝に痛みをきたしているといったところまで

落とし込んで、そこに対して具体的な治療をしたあとじゃないと、

姿勢を変えるのは難しいんですねー。

 

機械で温めてくれますか?

当院には機械はないので温められません。

 

温めて痛みが緩和するということは、

筋肉が柔らかくなって、血管や神経への締め付けを

軽減したことで痛みがなくなったと言い換えられるので、

つまりは「施術で筋肉を緩めれば改善する可能性が高い」

ことが言えます。

 

 

筋トレは必要ですか?

「膝周りの筋肉がないから痛みが出るんです。

だから、椅子にかけて膝を伸ばしたり、腿上げをしたり、

足首をパタパタさせる筋トレを続ければ、

痛みは良くなっていきますよ。」

と医師やリハビリスタッフから言われて、毎日コツコツ

筋トレしている人ってたくさんいらっしゃいます。

 

筋力があった方がいいかどうかで言えば、

「あった方がいい」です。

 

ただ、筋トレする順番を間違えないでいただきたいところです。

 

痛みがある状態というのは、筋肉に負担がかかっている

いわば筋肉が緊張している状態です。

そこに筋トレをして強化をすると、さらにカチカチに

硬くなっていき、神経や血管を圧迫してしまいます。

ですので、痛みを取ってから筋トレをしましょう。

 

「じゃあお風呂上がりに筋トレすればいいんだ!」

と思われた方。

確かにその時はいいかもしれませんが、

お風呂で緩むのは一時的なので、次の日にはカチカチなので、

あまりオススメしません。

お風呂に入らなくともゆるゆるの体の状態になってから、

硬くならない姿勢をキープするための筋トレをしていきましょう。

 

 

結局のところ痛みの解消法は?

痛みの原因が「筋肉にある」ことを踏まえると・・・

 

☑️ 解消法①今の姿勢を支えている筋肉を緩める

下半身とお腹やお尻まわりの筋肉を緩めます。

マッサージでも、ストレッチでも、

自分の体に合ったものを行います。

そして見落としていけないのが上半身。

足の体重の乗せ方に左右差がある方は、必ずといっていいほど

上半身がねじれています。

そうすると上半身も筋肉の緊張が違ってくるので

そこを緩める必要があります。

 

 

☑️ 解消法②整体にいってみる

例えば、ライザップに通って、トレーナーさんのいうことを

守ることで痩せていきますよね。

逆にトレーナーに指示できるお客さんはいるか、というと皆無です。

トレーナーは体のプロです。

素人が自己流でダイエットするよりも、

体のプロが提案するマンツーマンダイエットの方がはるかに

効果が高いですよね。

 

膝の痛みも一緒です。

 

体を勉強し、何人もの体を指導・治療してきた施術者に

体をマンツーマンで診てもらった方が、はるかに

痛みが取れそうだと思いませんか?

 

通う場所は、当院に来てくださるのが一番嬉しいのですが(笑)

治療院を選ぶときに注意してほしいことが1点。

施術者は必ず同じ人が担当すること!

店によっては空いてる人が担当する流れ作業な場所もありますが、

それだと毎回1から検査しなおさないといけませんし、

どの治療が良くて、どの治療は治らないのかの判断ができません。

必ず同じ人に担当してもらいましょう。

 

 

 

最後に・・・

 

当院は、東京都新宿区(高田馬場駅)にある整体院ですが、他の区だけでなく、遠方からもたくさんのお客様が通院されています。

一部をご紹介すると・・・

渋谷区、練馬区、港区、品川区、江東区、大田区、荒川区、板橋区、杉並区、世田谷区、立川市、千代田区、北区、文京区、豊島区、三鷹市、中野区、国分寺市、日野市、西東京市、府中市、市川市、和光市、吉川市、相模原市、川崎市、川口市、大宮市、流山市、厚木市、横浜市、茨城県、福島県など

みなさま、当院の【痛みの根本原因を調べた上での施術】を受けにきてくださっています。

今なら1日先着2名様に限り、「ブログを見た」と言って頂ければ通常初回施術費12000円(初診1980円+1回施術費10000円)を 初回1980円!! で受けられます。(2回目以降10000円)  初回施術に限り、原因説明や施術に納得していただけない場合は、初回のお代はいただきません。時間は初回60分(カウンセリング+施術)2回目以降40分です。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

 

整体院恵川

院長:石川 理恵

住所:東京都新宿区高田馬場3-1-5 サンパティオ高田馬場517号室(高田馬場駅より徒歩3分)

受付:9時から20時(不定休)完全予約制

ホームページ:http://megumikawa-hiza.com

 

 

 

 

 

1月24日(木)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。