080-4918-8944

ブログ

2017/10/04(水)

大腿骨頚部骨折の膝の痛みの原因【スネの外側の筋肉編】【新宿 整体 恵川】

カテゴリー:セルフケア, セルフケア 膝の痛み, 新宿 変形性膝関節症, 新宿 大腿骨頚部骨折, 新宿 整体, 新宿 膝の痛み

 

こんにちは。

 

東京都新宿区の膝の痛み専門整体院恵川の

院長の石川理恵です。

 

ブログを見に来てくださりありがとうございます。

 

本日も、「大腿骨頚部骨折術後の膝の痛みの改善法」についてお伝えします。

 

大腿骨頚部骨折とは?

大腿骨頚部骨折とは太ももの骨(大腿骨) の脚の付け根に近い部分の骨折です。
股関節の関節包の外側で骨折する「外側(がいそく)骨折」と、関節包より内側で骨折する「内側(ないそく)骨折」とに分けられます。関節包とは、文字通り関節の包みのことで、この内側が関節の中、ということになります。

高齢者、特に女性に多く、骨粗鬆症などで骨がもろい状態で起こりやすくなります。また、この骨折の95%は転倒により起こります。日本では年間約10万人の人が受傷しており、高齢化が進むにつれて今後も増えていくことが予想されます。
転倒によることが多いといっても、若い人では起こりえないような軽い力(つまずく、ベッドから落ちるなど)でおこることがほとんどです。特に原因が思い当たらず、いつの間にか骨折していたということも3%から5%見られます。

図1

出典:高齢者の整形外科疾患http://www.oie.or.jp/html/disease/daitaikotsu.htm

 

治療方法

若い人や、手術に耐えられないと判断された場合は保存療法(ギプス固定)ですが、ほとんどの場合は手術を行います。手術は、

・骨を金具で固定する(CHS固定術、PFN固定術)

・人工骨頭置換術(股関節の部分の骨を切除し、人工物(金属やセラミック)に置き換える)

があり、

私は病院勤務時代は何人もリハビリをさせていただきましたが、ボルト固定と人口骨頭の方の割合は、半々くらいでした。

 

手術後、入院してリハビリを行う

術後は、筋力トレーニングや歩行訓練を行います。

・ベット上での筋トレ

・椅子に座っての足の筋トレ

・立って手術した足に荷重をかける訓練

・平行棒での歩行訓練

・歩行車(押し車)での歩行訓練

・杖での歩行訓練

 

股関節以外の痛みが出現

リハビリをし、股関節自体は少し違和感は感じるものの、痛むことなく、人によっては全く痛みなく予後を過ごされる方も多いです。

 

ですが、高齢者の方からよく聞かれるのが、

「股関節は治ったけど、膝や腰が痛くなった。

マッサージしても、電気かけても、

ズーーーーっと痛い。温めると少しの間

楽だから、整形外科の機械で温めてもらっている」

という、股関節以外の痛み。

 

その痛みの原因について、

「片足を手術したからバランスおかしくなってるから、

一生付き合うしかない」

と思っていらっしゃる方は非常に多いです。

 

でも、もし、その痛みが楽になる方法があったら、

試してみたいと思いませんか?

 

痛みを解消する方法

今まではお尻やお腹、太腿の横の筋肉が原因とご説明いたしました。

 

今回は、安定力が増す姿勢に着目していきますね。

 

骨折後、重心が不安定になります。

 

皆様は、物体が安定する条件って、なんだと思いますか?

電車で立っている姿を想像してみてください。

足を揃えて直立するのと、両足を大股に開いてどっしり立つのと、

どちらが安定してそうですか?

もちろん後者ですね。

なにが違うかというと、

下の支えているフィールドの大きさが違います。

前者は20cm以下、後者は1m以下。

支える面積が大きければ大きいほど安定するんですね。

 

さて。足の向きはどうでしょうか?

まっすぐ向いているのと、がに股で斜め前を向いているのでは、

どちらの方がフィールドが広いでしょう?

若干の差ですが、後者ですね。

 

何が言いたいかというと、

大腿骨頚部骨折の方は、

安定性を補うために、

足の幅を広く開けて、がに股で歩いている人が多いのです。

人口骨頭の方は脱臼予防でがに股を意識するため

よりそうなっているのかもしれませんね。

 

そうするとどうなるか?

がに股を支えるスネの外側の筋肉がいつも緊張してしまいます。

そしてそれが原因で膝が痛くなっていきます。

 

ですので対処法としましては、

スネの外側の筋肉を緩めます!!

 

緩めるセルフケア方法は簡単です。

①足を組むか、片膝を曲げて体操座りをします。

②膝の皿の外側から斜めした4cmくらいのところに、ボコッとした骨があります。

③その骨の周辺を30秒くらいもみほぐします。

④そして手の腹で骨を上下左右にスライドさせましょう。何往復もすると、だんだん緩みます。

 

このセルフケアをした後に、

膝の痛みが半減するかたは、毎日続けましょう。

1ヶ月もすると、何もしなくても痛みは

減っていることでしょう( ^∀^)

 

痛みの原因としては、他の筋肉もたくさんありますので、

また次回以降も配信していきますね。

 

こちらはyoutubeで配信した、大腿骨頚部骨折後の腰痛の改善方法についてです。あわせてご覧ください。(大きすぎる方はこちらをクリック

整体院恵川

院長:石川 理恵

住所:東京都新宿区高田馬場3-1-5 サンパティオ高田馬場517号室(高田馬場駅より徒歩3分)

受付:9時から20時(不定休)完全予約制

ホームページ:http://megumikawa-hiza.com

 

 

当院は、東京都新宿区(高田馬場駅)にある整体院ですが、他の区だけでなく、遠方からもたくさんのお客様が通院されています。

一部をご紹介すると・・・

渋谷区、練馬区、港区、品川区、江東区、大田区、荒川区、板橋区、杉並区、世田谷区、立川市、千代田区、北区、文京区、豊島区、三鷹市、中野区、国分寺市、日野市、西東京市、府中市、市川市、和光市、吉川市、相模原市、川崎市、川口市、大宮市、流山市、厚木市、横浜市、茨城県、福島県など

みなさま、当院の【痛みの根本原因を調べた上での施術】を受けにきてくださっています。

今なら1日先着2名様に限り、「ブログを見た」と言って頂ければ通常初回施術費12000円(初診1980円+1回施術費10000円)を 初回1980円!! で受けられます。(2回目以降10000円)  初回施術に限り、原因説明や施術に納得していただけない場合は、初回のお代はいただきません。時間は初回60分(カウンセリング+施術)2回目以降40分です。

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

 

 

 

1月24日(木)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

080-4918-8944

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。